3つのあしあと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまにはまじめに

最近はお遊びブログになっているので、
たまにはまじめに治療の事について書いてみます。

注:面白くない上に長いですよ。


現在パクが行っているのは
・肺の免疫治療
・サプリ(アガリクス・SOD)
の2つだけ


で、来月から考えているのは、
まだ治検段階の塗る癌治療薬

乳腺のしこりが、増加から拡大へと変わってきているので、
それに塗ろうと思っています。

塗る薬は、塗った箇所に免疫細胞を呼び寄せる薬です。
口の中のメラノーマでの成果はあるそうです。
メラノーマは浸透しやすいから効きが良いという事でした。

骨肉腫のリンパ転移に試してみたいけど、
残念ながら脂肪に覆われていて、塗り薬も浸透し難そうなので、
まずは近場にある乳腺で。

乳腺のしこりは6歳の時に切除した良性腫瘍なのか、
骨肉腫の転移なのか、はたまた別の物なのかは分かりません。


そして、今後の事。

肺の方が進行してきた時は、
肺の免疫治療の周期を短くして、
もう一度活性化自己リンパ球療法(免疫介在性関節炎がでなければ継続)


骨転移をおこした時に考えているのが、
上記の塗り薬とアミノビスホスホネート


他の部分への転移や、別の癌になった場合は、
分化誘導剤(インターフェロンやルペオール)


末期になって苦しむようなら、
サリドマイドやモルヒネ。

安楽死も考えていましたが…
その時になって、それが選べるか……。


いずれにしても、パクが嫌がるようであれば止める。


等、色々なパターンを考えています。


かすかな希望として、突然死で本犬も気付かぬうちにとか、
贅沢な希望として、このまま徐々に進行はしても老衰で…とか、
考えたりはするんですけどね。


あとは臨機応変に治療方法や生活週間変えて、
その都度考えて行きます。

「パクを生かす」為ではなく、「パクと楽しむ」為に


と、ここまで色々計画練ってるんだけどね~パクさん。
私、骨肉腫や癌についてはある程度勉強したけど、
他の病気はノーマークだからね。

突然妙な病気にかかるのやめて下さいね。
ただでさえ珍しい病気のオンパレードなんだから~

P3273735.jpg

イヤ…マジデオネガイシマス
スポンサーサイト

テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

*** COMMENT ***

いつもの元気なバクちゃんを見てるから・・・病気のことを改めて確認した感じです。
「生かす」ためじゃなく「楽しむ」ため・・・って考えは素敵です♪その通りですね^^;
愉しい時間をいっぱい過ごして欲しいです☆
無理せず頑張ってくださいね♪

塗る癌治療薬・・・、効果があると良いですね。
いつも、ありとあらゆる治療を考え、実行されているパクママには本当に頭の下がる思いです。
いろんな考えがあるけどパクちゃんを生かすのではなくパクちゃんと楽しむための治療・・・、まったく同感です。
これから、暖かくなって体力も抵抗力も落ちてくる季節に入りますがお互いがんばりましょうね。

さすが、早いですね!

塗る癌治療薬というのは初めて聞きました。
良性の場合もしこりを小さくする効果があるんでしょうか。
それとも悪性にだけ効くのか。。。

アミノビスホスホネート製剤も初耳。
骨に転移した腫瘍の痛みを緩和してくれるそうですが、
お値段もかなりするみたいですね。

本当に今後のシナリオを考えてしまいますよね。
今の平穏な時間がいつまで続くのか。。。
大阪は新しい治療に積極的でちょっとうらやましいです。

はじめまして

私は三ヶ月前にピレを骨肉種で死なせてしまいました。 そこで失礼とは存じますが・・最後について、モルヒネは ん~正直 なんともいえません、目力が全くなくなり、とろ~んと生きた屍に近い状態になります あと私ん所は最後は肺に転移後、肺に水が溜まり 他の内蔵にも漏れて 結局 窒息死させてしまいました。 祝日で市内ドコの病院も空いてなく チアノーゼ状態になり苦しませて死なせてしまいました。 楽に眠るように安楽死で逝かせてあげるのも 一つの考えだとおもいます。 しかし どちらを選んでも後悔はすると思います。

メリーの母さん

日々ノンビリと過ごして忘れてしまいそうになりますが、
闘病中なのですよね。

このブログはじめた頃には、
こんなお気楽ブログになっているとは思ってもいませんでした。

これからも楽しい時間をしっかりと堪能させてあげたいと思います♪

いつもありがとうございます☆

ピレ親父さん

効果があってくれれば嬉しいです☆

出来る事が本当に限られてくるので、
出来うる限りの最大限の事をしてあげたいです。
でも多分、同じ状況になれば、皆さん同じ事をすると思いますよ(≧m≦)

ロッキー君もコットンちゃんも、ゆっくり時間楽しんでいますね~♪


そうですよね。
これから油断できない時期になりますね。
今からしっかりと体力蓄えて頑張りましょうね!!

イエロードッグさん

前回病院へ行った時に初めて聞きました。
まだ治験薬なので、研究・開発している人達くらいしか知らないのでは?
と勝手に思っています。

良性でも免疫細胞は攻撃対象と認識してると思ってましたが、
どうなんでしょうね…。
すっかり大事な事聞き忘れていました(^^;)
今度聞いてみます。

アミノビスホスホネートは他の病院でもしているようです。
骨の融解等を抑えるものなので、
エルちゃんには無用かな?と思い伝えてませんでした。
この薬は副作用もあるので、その点でパクが使用できるかがちょっと心配です。

今後、どうなっていくんでしょうね。
エルちゃんもパクも、このまま穏やかな時が過ぎて行くことを祈るばかりです。

たかさん

はじめまして。
貴重でまた辛い体験を聞かせて頂きありがとうございます。

そうなのですか…
モルヒネは少しでも痛みの軽減になればと思い選択肢に入れています。
生きる力が感じられない愛犬を見るのはとても辛いですね…。

パクも肺転移しているので、
肺転移が進むと、最期は窒息死と分かっているだけに、
せめてその前に楽にしてやりたい…とは思っているのですが…。


後悔しないようにと進んできても、過去に選択肢があると、
あの時こうしてたら違ったのかなと考えてしまいますよね。


同じ病気を体験されたからの助言はとてもありがたいです。
不快な思いをさせてしまうかも知れませんが、
また何かあればご助言よろしくお願いします。

今頃はいろんな治療薬が出ているんですね。
パクママさんの「他の病気はノーマークだからね」は
笑っちゃいました><
うちも一緒です(爆)

これだけ先を見越していろいろと準備なさっているのは
本当に頭が下がります。そして、とっても参考になります。
とにかくずっと生きてて欲しいけど、いつかは誰しも消え行く
命だから「いかに生きるか」がテーマですよね。
「楽しく」「苦しまず」サポートしてあげられたらと私も
思っています。その日を選ぶのはこの子たちだと思っています。

とにかく今はまだまだ楽しめる段階だから、いろんな喜び
考えて一緒に楽しくやっていきましょうね~☆

サンデーママさん

研究熱心な先生に感謝です☆

サンデーちゃんもノーマークですか(笑)
癌と共存するための知識だけで、
結構いっぱいいっぱいになりますよねf^^;

そうですね。
「いかに生きるか」ですよね。
うちも長く生きる事を望んでいるのではなく、
最期まで笑顔で楽しく過ごせる事を望んでいます。

は~い♪
まだまだ犬生楽しむようなので、
楽しい事・嬉しい事、一緒に満喫していきます(^^)

楽しい犬生

本当にそうですね!

生かすためではなく、楽しむために。
パクちゃんは最期まで生き生きしていましたね。
ラビィーも今はまだ自覚症状がないので、楽しい事、たくさんたくさんやらせてやりたいです。

肺転移をしているので、どうしても最期の事を心配してしまいます。
どうしても助からない時が来たら、やはり苦しまずに逝かせてやりたいです。

ラビィーママさん

最期まで楽しみましたよ♪

私もいくら肺の腫瘍の進行速度が遅いと言っても、
最期はやっぱり…と思っていたので、
とても穏やかに旅に出たことにとても安堵しています。

その前の数日に、楽にする事も考えたんですよ。
まだ書いてはいないんですけど。
でもパクはちゃんと自分で選んで旅に出ました。

ラビィーちゃんにはまだまだ先の事だけれども、
色々と考えているかも知れませんね。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。