3つのあしあと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血液検査 骨肉腫診断時

*鎮痛剤「リマダイル」を服用中

赤血球数     7270000
ヘマトクリット  46.0
ヘモグロビン  16.5
白血球数    6500
総蛋白      6.8
血小板数    201000
棹状核好中球 0
分葉核好中球 5265
リンパ球     845 (基準1000~1250)
単球       195
好酸球     195
好塩基球    0

アルブミン   3.4
ALT(GPT)   41
ALP       82
アンモニア   33
血糖値     97
尿素窒素   23.2
クレアチニン  0.9
カルシウム  10.4
ナトリウム   148
カリウム    4.1
クロール    122
C反応性蛋白 0.05
総ビリルビン ----
スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

*** COMMENT ***

骨肉腫とALP

骨肉腫の断定時のALPの数値が200以下がどうかがそのワンコの病気の進行状態を表しているそうです。

パクちゃんは200以下ですね。
ラビィーは1500もありました。

今は毎週検査をしてますが、80前後なので骨転移は現時点ではないと説明を受けています。

ラビィーママさん

パクもCRPとALPを見ておいたほうが良いって言われてたけど、
特にALPが上がることはなかったの。

骨肉腫の診断が早かったのか、
骨肉腫の細胞自体が少なかったのかも知れないです。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。