3つのあしあと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋桜

先週のこと
PA239865.jpg
ずっと近くの公園や病院ばっかりだったので、
ちょっとだけドライブして淡路の花さじきへ

人がたくさんいる中、でっかいカートでコロコロ散歩
PA239769.jpg
道幅2/3埋めてるにも関わらず、通りすがりの方たちは
「可愛いね~♪」「愛されてるね~♪」「頑張ってね~♪」って声かけてくれます。
一生懸命歩いている姿を見て涙されることも。

邪魔になってるはずなのに、皆優しい


今回は浅型のカートでお散歩したので、
ぐるりも一緒に外の景色を堪能中
PA239766.jpg
このスペース、おれ専用?

PA239708.jpg
秋桜に埋もれさせてみたり(通路に座ってます)

PA239728.jpg
たまには乙女っぽく

お花見て、カートさんに乗ってお嬢様な雰囲気かもし出していたのに、
馬の登場であっけなく本性発揮。
中盤は秋桜を見ることも無く、
ダッシュで芝生駆け抜けてきました…


今回のとっておきの一枚

ずっとカメラ構えてたパクママが撮れずに、
携帯でピコピコ撮ってたぐるりママが撮った写真
Image776.jpg
ちくしょ~!!可愛すぎる
デジイチさんで撮りたかった~
スポンサーサイト

テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

腫瘍認定医さんの診断

腫瘍認定医さんにこれまでのパクの治療経過を説明するのも一苦労。

なんのデータが要るかも分からないので、
とりあえず骨肉腫関連のレントゲン・CT・エコーのデータ全てと、
簡単にまとめたものを作成して持って行きました。

案の定、データ多すぎで全部見切れないので、
とりあえずお話聞きながらの方が良いかと思って…と診察が始まりました(笑)

最初に「骨肉腫で2年生存している事が凄いです。」
ってパクさんのお褒めの言葉から始まり、治療の経過の説明。

その後質問。

「骨肉腫の目への転移」
17年やっているけど、エビデンスはない。
もし骨肉腫の目への転移なら世界初です。

……思わずパクさん見つめて苦笑い。
変な世界記録作るのヤメテクダサイ。
(先日かかりつけに行った時に、1件だけあったと聞いたんですけど、
 すぐに亡くなったそうなので症例には残っていなかったのかしら??)

骨肉腫で2年生存している事自体が珍しいので、
ありえないことではないけど…。
普通は他の骨や肺に転移するので、軟部組織に転移するのは珍しい。

抗癌剤のカルボプラチンは肺にはばっちり聞くので、
転移しやすいのは骨。

という事らしい。
なので、骨肉腫を疑うよりも、別の癌を疑った方が良さそうって。

目の所に出来やすいのはリンパ腫やメラノーマ等という事だったので、
VRさんでしこりを見た感じメラノーマではないという事、
リンパの触診でリンパ腫でもない感じと言われた事を告げました。

でも確定は検査をしないと分からないので、
とりあえずこれらも視野に入れておこうと思います。


「針以外の検査方法」
摘出
ここら辺はVRさんと一緒でした。

針で刺して検査するか、摘出するか。
あとは経過を見守るか。


「進行を遅くするには?」
何か確定していないので、分からない。

そりゃそうだ…。
腫瘍でも色んな性格の細胞達がいるんだから、
オールマイティーな治療なんてあるわけが無い。


「活性リンパ球療法について」
こちらもVRさん同様でした。


「ぶどう膜炎や緑内障を併発しやすいと聞いたが、
 目が見えなくなるまで痛みも無く温存することは不可能なのか?」
痛みを感じさせたくない事と、見えなくなるまで置いておくことは両極端。
どちらかの選択をせざるをえない。
ただ、目が見えないことよりも、痛みを伴う事の方が、
QOLを下げる事は間違いない。


「ピロキシカムについて」
骨肉腫には効果あり
ただ、胃への副作用が凄くキツイ

今のパクの治療方法は
目薬(プレドニゾロン)とピロキシカム・ザンタックだけど、
先生は、目薬とピロキシカムの併用はキツイのでしない。
との事でした。

そして、毎日ピロキシカムを飲んでいるけど、
2・3日に一回でも効果はあるということでした。

このあたりはまたVRさんとかかりつけに相談して、
変更してみようかと思います。


目のしこりが何なのか確定できなくても、
腫瘍を専門に17年見ている先生にお話が聞けて、
今パクに対してしている治療が最善である事の自信が持てたし、
今後こうしたいという事にも、それで良いと思うと言ってもらえたので、
私の気持ち的には良かったと思います。


また何かあればいつでも相談に乗ります。
一月に一回は来ているので。
と言っていただいたので、
今後も何かあれば頼りにしたいと思います。


2年頑張ってきたので、腫瘍以外にも気をつけてあげてね。
たまにはノンビリ、焦らずに(うろ覚えで…こんな感じの事)とも言われました。

は~い♪
これからもノンビリ気長に付き合っていきます。
今はちょっと情報が無いのでバタバタしていたけど、
またいつも通りのお気楽極楽生活に入り浸りますよ♪


腫瘍の先生の診断が終わってから、
その病院の院長先生にもお話してもらいました。

院長先生は眼科が得意のようで、

・白く濁ってきていないか
・形が左右で変わっていないか
・大きくなってきていないか
毎日目のチェックをするようアドバイスを頂きました。

そして、
「頑張れよ~!2年頑張ったんやから3年・4年、まだまだいける!」
って頭撫でてくれました♪

予約の時に私が同じ質問3回しても優しく答えてくれたし、
本当に優しい先生でした(^^)


うちのかかりつけの先生とも知り合いなので、
治療についても連携することが出来そうです。
PA249912.jpg
今回は診察してもらわずにお話だけだったのに、
ずっと隣で緊張し続けていたパク。

お疲れ様~f^^;
あとはノンビリと、またお遊びライフを満喫しようね♪

テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

腫瘍認定医さん

パクの通っている動物病院。

小さい頃から通っている主治医さん
免疫治療の長居さん
CT等の高度な診療のVRセンター

の3つに現在のパクをお願いしています。

この3件に行くようになってから、
腫瘍認定医さんがいるという事を知ったのだけど、
これ以上病院も増やしたくないし…と思い、
腫瘍認定医さんに診てもらう事はありませんでした。

でも、今回の件であまりにも情報が無さ過ぎて、
腫瘍認定医の方に診察をお願いしようかと迷っていました。

また違う病院なんてストレスになるだろうし…と考えて、
一日見送り…

でも気になる。
もしかしたら情報持ってるかも知れないし…
もっと合っている治療方法を知っているかも知れないし。

と悩みに悩んでいたところに、

腫瘍認定医1種を取得
日本獣医ガン学会の理事
麻布大の現役獣医さん

が来る。

一番腫瘍の事を知っていそうな先生が
月に一回の訪問で関東から遠路はるばる関西に来る…。
しかも今週末ってタイミングが良い。

とくればもう。飛びつきたい。
ほいほいついて行きたい。

はやる気持ちを抑えつつ、
お友達に「どんな先生か知ってる?」ってリサーチ(笑)

たまに治療法はコレ!って決まっている先生もいるし、
パクが確立していない治療をしているので、
そのあたりをどこまで理解してもらえるかも気になっていたので。

そして、お友達からの情報に後押しされ、
今日診察してもらってきました。

PA249897.jpg
診察前に一時間散歩し、腹ごしらえ

テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

さよなら充血♪

一ヶ月以上治らなかったパクの目の充血とも、
ようやくおさらば

でも、しこりは肉眼で分かる程に成長~

16日                        21日
パク     PA219648.jpg

ちょっと比較しにくいけど、たったの5日で、
瞳孔の黒い部分がお豆さん型になるくらいまで成長しました。


そんなパクさん、とっても元気。

昨日はぐるりママ襲って遊んでもらって、
今日はぐるりに遊ぼう♪ってしたものの、
ぐるりに無視され一人でドタバタ走り回る。

調子に乗ってワンワン言いまくったら、
パクママに怒られ…

ショボーーーン
IMG_6581.jpg
誰か遊んでくれへんかな~?

テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

VRさんでの目の検査結果

VRセンターへ

まずは担当医に目以外の検査や触診、
もし転移だったらの話をしてもらいました。

肺の方はレントゲン等は撮っていないけど、
聴診器での結果は問題なさそうでした。

あと1つ気になっていた、後脚のふらつき
「変形性脊椎症で麻痺が出てきている可能性は?」と思い聞いてみたのですが、
変形性脊椎症で麻痺になる可能性は低く、
パクの場合は老化の線が濃いようです。


その後眼科の先生に診てもらいました。

ドライアイの検査 → 涙の量は右目OK、左目ちょっと少ない
眼圧のチェック → 問題なし
眼底 → 右目クリア、左目見えない
目の表面・充血 → 右目問題なし、左目充血・しこりあり

その後、目のエコーをしてもらいました。

目にエコーなんてあるんだ~って感心しつつ待つこと10分弱。

まずは正常な右目のエコー
Image6.jpg

で、しこりのある左目のエコー
Image1.jpg

別の角度から(場所間違えてるかも??)
Image18.jpg

○の中のがしこりです。
サイズも結構大きく成長しています。

で、コレが何なのか。
はっきり言うと分からない。

炎症か腫瘍で、腫瘍の可能性が高い。
炎症だったら、コレまでの目薬で治っているはず。

何の腫瘍かというと、検査しないと分からない。

腫瘍だとした場合、疑わしいのは
骨肉腫の転移か腺癌。

その検査は目に細い針を刺して細胞をとって調べる。
でも針が細いので必ずしも(腫瘍だとしたら)癌細胞が取れるか分からないし、
目に針を刺すので炎症が起きて視力の低下を起こすかも知れない。

とのことで、今回は詳細な検査はしないことにしました。

となると、炎症として治療をするか、腫瘍として治療をするか。

炎症だとしたら、今まで目薬で治っていないので、一緒に抗炎症剤を飲む。
腫瘍だとしたら、眼球摘出をするか?

骨肉腫の転移だとすると、結局は色んな所に転移しているだろうし、
脚と同様で痛みの除去をするだけなので、
ギリギリまで置いておいたほうが良いだろう。

腺癌だった場合は、別の場所に転移する可能性もあるので、
早めに摘出した方が良い。

もちろん他の腫瘍の可能性もある。

さて?どうする??


で、ある程度の答えは考えていた。

腫瘍だとしても現状では眼球摘出はしない。

先月少し目が見えにくくなっただけでパニックを起こしたパクなので、
急に完全に視力を失うのは精神的にも苦痛だろう。
ならば、腫瘍が完全に目の機能を奪うまでは、
摘出はしないでおこう。と考えていました。


でも気になる事はたくさんあったので、全て先生に聞いてきました。
下記は一部だけ…f^^;

1、骨肉腫への目への転移は症例がないと聞いたのですが?
  先生達もご存知なかったです。(ただ、先生は外科や眼科で腫瘍専門ではない)
  ただ、目には細かい血管がたくさん通っているので、
  その血管を通ってきた癌細胞が目の血管に留まり成長する事は考えられる。

2、目の周りの骨に転移している可能性は?
  エコーで見た結果、目の中でのみ留まっていて、目の外には出ていない。

3、歯髄炎からの炎症の可能性は?
  もちろん歯ぐきのばい菌が体内で悪さをする事はあるが、
  目へ直接行くことはない

4、パクが持っている他の病気(治療済みを含め、15個程…)との関連性は?
  関係ありそうなのは骨肉腫と免疫介在性関節炎くらい。
  でも免疫介在性関節炎は今は出ていないので関連はないと思う。

目の腫瘍だと確定したら
1、ピロキシカム(アンピロキシカム)の腫瘍への効果は?
  骨肉腫についてはまだ不明(扁平上皮腫・移行性上皮腫・直腸ポリープ(一部腺癌)には効果あり)
  腫瘍が広がるさいの炎症を緩和する効果はあるので、
  治療は出来ないが少し押さえ込むことはできるかも。
  ただ、胃潰瘍等がおきやすいので長期使用は避けた方が良い。

2、痛みを取り除く方法は?
  消炎剤(目薬)+ステロイド or ピロキシカム

3、目の進行を遅らせるには?
  ピロキシカムか免疫療法(今肺の免疫治療で効いているようなので)

4、目の血管までなのか、神経まで浸潤しているのか?
  眼底までしこりが行っていないので、視神経には転移していない。

5、脳へ転移する確率は?
  目から視神経→脳へはあまり行かない。

6、アイパックは?
  腫瘍だとすると、暖めると血行が促進されて転移が促される。
  炎症だとすると、冷やした方が良い。

7、腫瘍認定医はさらに詳しく知っていると思う?(紹介できる方はいる?)
  持っていると思う。
  で、2件程病院を教えていただきました。

8、活性リンパ球療法の効果は?(するとしたら何療法が良い?)
  効果は新しい物なので詳しくは不明。
  樹状細胞療法では結果が出ているけど、他の物については不明。


全部聞いて納得。
やはり摘出はしない。
目薬(1%プレドニゾロン)とピロキシカム(胃薬付き)で様子を見ることにしました。

薬に弱々のパクさん、胃酸拡散用の薬を飲むか、
あらかじめ胃の粘膜を保護する薬を飲んでからにしましょう。
と、先生もしっかり対応してくれたので安心♪

PA169610.jpg

今回の医療費
診察料        1,500円
眼科基本検査    7,000円
眼科(超音波検査) 6,000円
目薬(1%プレドニゾロン) 1,800円
処方料       2,240円
内服薬(ピロキシカム) 420円
    (ザンタック錠75mg)  3,080円

合計 22,040円

テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。