3つのあしあと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肺の治療3回目&血管新生阻害剤1回目

肺の治療の3回目と、今日から新しい治療
血管新生阻害剤』での治療が始まりました。

肺の治療は薬が出来たらするという状態の為、
非常に不定期でまだ3回目あせあせ


そして今日から始まった血管新生阻害剤。

血管新生阻害剤の役割を簡単に書くと、
 
 がん細胞は自分の所に栄養を運ばせるため、
 勝手に自分の所に繋がる血管を作る。
 他の所の栄養もドンドン横取りするため、
 栄養をしっかりとってもやせ細り、ガンだけは大きくなる。
 その為、ガンが新しい血管を作らないように阻害し、
 兵糧攻めにしてやろう。

と言ったお薬。


ちなみに、同じく血管新生阻害剤として有名なのが『サリドマイド』
妊婦さんが服用し奇形児が生まれ問題になったもの。

パクが使用するものは『サリドマイド』ではないけれど、
同じ血管新生阻害剤との事で副作用も心配だった。

でも新しい血管を作る事が必要な成長期や妊娠中でなければ問題もないし、
副作用もないとのことでした。

薬の使用方法は静脈注射だけ。
点滴等も要らないので、注射1本で帰れます。


今回はこの薬手に入れるまでが大変でしたがまん顔
獣医も町医者的なものから、大学病院系までさまざまで…。
この薬が大学病院系だったので、町医者・高度医療ではお断りされ、
唯一大学と組んで研究等している獣医さんだけ対応してくれました冷や汗

人間の病院とかと一緒で派閥とかあるのかなぁ?
せっかく良い薬とか情報があるのに、ツテやコネが無ければ得られないなんてね…。


この薬は試験薬なのですが、パクでまだ8例目。
薬の有効性が証明され、市場にでまわれば、
抗がん剤のように副作用を心配せず治療を行うことが出来るだろうね。
パク、皆に良いお知らせ届けてあげようねうまい!


今日はVRさんで先週撮ったCT検査の結果を先生に褒められ、
パクの今日の表情も「とっても良いお顔してるね」って
すっごく嬉しそうに褒めるもんだから一緒に嬉しくなってしまった(笑)

骨肉腫・メラノーマの研究してるだけあって、
症例も多々見てきているだろうに、その先生も喜んじゃうパクの検査結果るんるん
とっても嬉しいうれしい顔

アロマ・ハーブ・サプリ・マッサージについても、
心理的な事からお話してくれて、良いですね~ってるんるん
パクママますます頑張っちゃいますウッシッシ


1088051876_243.jpg
1088051876_88.jpg
               皆が嬉しいとパクも嬉しい~

今回の医療費
免疫療法吸入処置  42,000円

合計 42,000円
スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

血管新生阻害剤

血管新生阻害剤

がん細胞は栄養や酸素を得るために、
周りの血管から自分の方へ新しい血管を伸ばそうとします。
それを「血管新生」と言います。

その血管新生を阻害する事で、
がん細胞を兵糧攻めにし、弱らせるのが血管新生阻害剤です。


一般的によく聞くのがサリドマイド。

昔妊婦さんが服用し、奇形児が生まれ問題になったもの。
でも、使い方さえ誤らなければ、上記のような問題は起きない。

パクは老犬だし、妊娠もしていないし、治療中の傷もない。
血管新生を阻害しても、問題はないそうです。


ここで問題なのが、サリドマイドの入手先。

人間の医師ならば日本で手に入るけど、
獣医師には売ってもらえない。

という事で、海外から直接購入。
団体で買えれば多少は安くなるんだろうけど、
あまり使用する薬ではないので、個々で購入するのか、
費用が結構するらしいです。


パクが使用したのはサリドマイドとは違う血管新生阻害剤「イヌBLアンジオスタチン」
まだ治験段階の薬で、1回使用後に薬が手に入らなくなったので、それっきり。

サリドマイドは服用だけど、治験薬は注射でした。


その後(2009年4月)、血管新生阻害剤に弱点(副作用?)がある事が発表されていました。

参考
血管新生阻害剤の弱点と、解決策の必要性が研究で示唆される/カリフォルニア大学

簡単にまとめて書くと、
血管新生される前の小さながん細胞には効果はある。
しかし、血管が既にがん細胞につながっていると、
一時的には飢餓状態に陥り効果がでるが、
耐性をつけ猛反撃をする可能性がある。
そんな感じでした。

あと、サリドマイド(サロミド®)と化学療法についての情報も少し気になる事が書いてあったので、
貼っておきます。

参考
サリドマイドはエトポシドおよびカルボプラチン療法による小細胞肺癌患者に有益ではない

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

お先にどうぞ♪

パクが乗車中のパクママ車。

とっても安全運転。

なのでこんなステッカー作ってもらいましたわーい(嬉しい顔)

1085324739_1.jpg

作ってもらったのはココ↓
http://www.har-art.com/

1085324739_241.jpg
この写真からデザイン起こしてもらったんですが、
注文してから5日程でデザインが届き、
修正して欲しいところを送って2週間程で完成ほっとした顔

一緒に貼ってるピレマーク&『PAKU』は
おまけで付いていましたるんるん


このステッカーが目の前走ってたらあきらめてトロトロ運転お付き合いくださいあせあせ

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

CT検査結果

今日はパクのCT検査をしてもらいました。

前回のレントゲンで肺の腫瘍が2mm→5mmにと言われたけど、
今回のCT検査で進行していないことが判明。

内臓にも転移しているかも…と思っていたけど、
転移はなしでその他病気もなし。

背骨が少し変形しているけれど、
年齢に伴うもので、痛みも無いとの事でした。

と言うことで体内は9月から進行なしexclamation ×2
血液検査も異常なしexclamation ×2
リンパ等も触診した感じ右手付け根以外の転移はなしexclamation ×2

とっても素晴らしい結果でしたうまい!

1081100390_250.jpg
パクさん、麻酔お疲れ様でした。

1081100390_109.jpg 
             頑張ったでしょ~♪ 褒めて褒めて

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

血液検査 健康診断5ヶ月目

赤血球数     7690000
ヘマトクリット  53.0
ヘモグロビン  17.9
白血球数    8200
総蛋白      7.2
血小板数    422000
棹状核好中球 0
分葉核好中球 7052
リンパ球     164 (基準1000~4800)
単球       246
好酸球     738
好塩基球    0

アルブミン   3.5
ALT(GPT)   90
ALP       103
アンモニア   36
血糖値     96
尿素窒素   16.0
クレアチニン  0.9
カルシウム  10.5
ナトリウム   147
カリウム    4.3
クロール    118
C反応性蛋白 0.15
総ビリルビン 0.9 (基準0.1~0.5)
総コレステロール 277

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。